忍者ブログ

株リッチプロジェクト レビュー・実践・検証

株式投資商材の株リッチプロジェクトを安く買えるサイトを紹介しております。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

株リッチプロジェクト オープンエデュケーション

株リッチプロジェクト

下記より購入しカンタンな感想を送るだけで最大円安くなります!
株リッチプロジェクト 情報商材キャッシュバック





殆どの投資家が、壊滅的なダメージを受けた中、
何故、このように稼げることが出来るのか・・・。

 


2011年3月11日、14:46、わたしは仕事で、京都にいました。

実は、震災があったとき、わたしは日本が大変なことになっていることをまったく
知りませんでした。

京都の町は、いままでとまったく変わりない時間が流れていたのです。

しかし、自宅に帰り、ニュースから流れてくる映像を見たとき、
わたしの頭に、"ある大事件" が、頭をよぎりました・・・

そうです。

「阪神・淡路大震災」です。

そして次に、わたしの脳裏に浮かんだことは、「阪神・淡路大震災」のときに
暴騰した銘柄のことでした。

はじめに、5銘柄のチャートをお見せしましたが、
これらは、阪神淡路大震災時、暴騰した銘柄なのです。

そして、予想とおり今回も、先述のように、暴騰してしまったのです。


そうです・・・

あのような悲惨な映像が送られてきている最中、
わたしは自分の利益のことを考えていたのでした。

このような大惨事が起こったとき、
どの銘柄が暴騰するかは、初めからわかっているのです。
したがって、儲かって当たり前なのです・・・。

 

お前は、何て不謹慎なヤツなんだ!

 

貴方のおっしゃるとおり、わたしは不謹慎な人間かもしれません。

しかし、わたしたちは投資家なのです。

不謹慎だと言われようが、わたしたちは株式投資で、儲けることではじめて
自分の存在価値があるのです。

日経CNBCという、24時間やっている経済チャンネルがあるのですが、
米著名投資家ジム・ロジャーズのインタビュー番組がありました。

株リッチプロジェクト

彼も、インタビューの中で、震災が起きた直後に、株を買ったようです。
神奈川県鎌倉市に本拠を置く、「鎌倉投信」というファンドを運用している
会社があります。

この鎌倉投信も、震災直後の暴落時に、買いポジションを一気に増加させています。

つまり、このような大災害や金融危機に陥ったとき、誰かが株価を買い支えないと
日本国民全体の富が失われ、もっととんでもないことになってしまうわけです。

情報商材レビュー

日本は資本主義国家です。

資本主義国家である以上、何かしらの経済活動を通じて、富を蓄積し無くては
国民生活は成り立ちません。

先述のとおり、今回の大惨事においても、利益を追求する為の、
プロ投機家の買いに追随し、利益を上げました。

勿論、儲けたお金の一部は、日本赤十字社に寄付をさせていただきました。


日本の投資家が、利益を得ると言う事は、日本経済にとってはプラスの効果を
もたらすのです。
「不謹慎だ!」といって、何もしない人間こそ、一番、不謹慎なのでは無いでしょうか。

 

 

未だ、不況が続く日本にとって
この大惨事は、「日本破綻」の引き金に
なるのか・・・


今回の震災の影響は、今後の日本経済にとって大きなダメージになる可能性が
極めて高いと言わざるを得ません。

多くの方が、この震災で住む所や、仕事を失いました。

本当に悲しいことですが、家族を失った方も多く、経済的なダメージだけでなく、
精神的なダメージも受けているのです。
会社が潰れると失業者が生まれます。
失業者が生まれると、当然、給料はもらえなくなります。
給料がもらえなければ、消費者はお金を使わなくなります。
お金を使わなければ、経済は停滞します。

日本は1980年代バブル経済が崩壊し、未だデフレ経済の真っ只中にあります。

「失われた10年」と言われ、それでも経済が回復しないため、その10年後には、
「失われた20年」と言われています。

そして、大惨事が起こりました。

東京電力の福島原子力発電所が、津波による事故を起こし、
その賠償額は、10兆円とも言われています。

東京電力は、事実上、破産しています。

当然、10兆円もの金額を、東京電力1社で支払えるわけが御座いません。

賠償責任について、政府も賠償額を拠出し、また電力会社各社も、
賠償する為の基金へ資金を拠出する予定になっています。

そして、日本政府がしようとしていることは・・・

増税と電気料金の引き上げです。

ただでさえ日本国民の多くは、経済的に苦しいのに、所得が低くなり、
また、所得を得られなくなっても、絶対に踏み倒すことの出来ない税金と、
生きていくために絶対に必要なライフラインである、電気料金を上げを
しようとしているのです。

なんでもかんでも、一般国民にツケを回すのは、日本政府の常套手段です。

FX会社ランキング

もし、貴方が今後も日本国で生活をして幾つもりなら、今後、ますます生活する
コストは上昇すると言う事を覚悟しておくべきでしょう。


余り実感が無いかもしれませんが、現在の日本の物価は上昇してきています。

金属や、穀物、製品の原材料、ガソリン、生活インフラコスト等・・・


先日、歯の治療で新たな金属をかぶせたのですが、保険診療にもかかわらず、
治療費が、思った以上に高くなっていました。

歯科医にその理由を尋ねてみると、「金属価格の高騰で、数年前より治療費はあがっているのです・・・」という返答でした。

総体的には、"デフレ" かもしれませんが、食品、金属等一部の原材料については、価格がジワジワ上昇していることを認識すべきでしょう。

また、メーカー等は企業努力により、出来るだけ消費者への価格転嫁を
抑えていますが、限界点を超えれば当然、製品価格も上昇します。

物価は徐々に上昇していても、肝心の収入が激減しており、更に下がり続けて
いるのです。

明日の暴騰銘柄判定!ブルファイター投資法 出島式投資ワールド 実践株式投資マスタリー講座 デイトレード・株式投資で初心者でも毎朝30分月収50万円稼ぐ銘柄抽出ツール!【音速デイトレードNEO】 渋谷高雄の実践セミナーDVD 【渋谷高雄セミナーDVDフルコンプリートパック】

今では、収入と生活コストが逆相関の関係になっており、非常に危険な状態に
あるのです。

いわゆる "スタグフレーション" という現象です。

マクロ経済学では、もっともやっかいで、厳しい現象とされているのです。

 

生きていく為には、
"武器" を持つことが必要な時代に・・・


現在の日本経済は、「出を多くて、入りが少ない」という時代なのです。

これは一般家計でも、日本政府の歳入、歳出もまったく同じです。
国家は、財布が厳しくなれば国民から徴収する事ができますが、
わたしたち国民はそういうワケにはまいりません。

わたしたちが、自分を守る為には、「稼ぐこと」が、唯一の手段になるのです。

しかし、稼ぐことができなければ、野タレ死ぬしか御座いません。

国家も社会も会社も、わたしたちを守ってくれるという時代は、
既に終わっています。

わたしたちは、自分自身を守るため、"武器" を持た無くてはなりません。

いつ、何が起こっても、自分が生き残る為には、「稼ぐ手段」を
幾つか持っておか無くてはならないのです。

稼ぐ手段というのは数多くあります。

身近な所では、コンビに、スーパーのレジ、工事現場の作業員等
"アルバイト"をすると言う事・・・
これが、もっともカンタンです。

次に、アフィリエイト、せどり、ネット通販等の "副業" です。
しかし、カネになるのは相当な労力、時間が必要になりますし、
夢を追いかけてネットビジネスに参入してくるものの、上手くいっているのは
全体の10%以下か、それよりもっと低いかもしれません。

もうひとつは "投資" です。
これは、"お金に働いて貰う" と言う事です。

下記より購入しカンタンな感想を送るだけで最大円安くなります!
株リッチプロジェクト 情報商材キャッシュバック




お金を増やすには、"お金に働いて貰う" のが、もっとも効率が良いというのが
わたしの結論です。



 

 

PR

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

ブログ内検索

アーカイブ

Copyright ©  -- 株リッチプロジェクト レビュー・実践・検証 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]